成年後見

成年後見(法定後見・補佐・補助)

法定後見・補佐・補助の報酬は家庭裁判所が決めます。当職に依頼したい場合はあらかじめご相談ください。

選任は家庭裁判所が行いますので必ず選任されるというものではありません。

任意後見

任意後見でかかる費用は大きく分けて下記の4つです。

  1. 公正証書の作成手数料(公証役場で支払う費用)
  2. 文案作成報酬(任意後見契約時に報酬が発生)
  3. 任意後見人の報酬(任意後見開始から報酬が発生)
  4. 任意後見監督人の報酬(任意後見開始から任意後見監督人に報酬が発生)

2. 公正証書文案作成の報酬:公証役場への同行と証人一人の報酬を含みます。

3. 任意後見人の報酬:当事務所で任意後見契約を受任する場合の報酬額は、管理する財産総額によって異なります。

管理する財産総額 報酬額
3,000万円以下 1か月あたり
22,000円
3,000万円超5,000万円以下 1か月あたり
33,000円
5,000万円超1億円以下 1か月あたり
44,000円
1億円以上 1か月あたり
55,000円

※不動産や医療に関する契約など、重要な法律行為の代理をおこなう場合 1回につき2万円の報酬をいただいております。


相続

面倒で時間のかかる、役所での戸籍収集を代行します。8つのサービスがセットになった「相続人調査・戸籍収集サポート」が人気です。

「相続人調査・戸籍収集サポート」をお申し込みいただいた場合、相続関係説明図の作成・戸籍変遷一覧表の作成・相続人一覧表の作成・法定相続情報証明制度の申出は無料となります。

業務の内容 報酬額 実費・備考
相続人調査・戸籍収集サポート 法定相続人を確定するための全ての戸籍の調査として下記を収集します。
①被相続人の出生から死亡までつながる全ての戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍等
②被相続人の最後の住民票
③相続人全員の現在戸籍謄本、戸籍の附票(住民票)
16,500円 現在戸籍/1通450円
除籍原戸籍/1通750円
住民票/1通300円~
郵送料・遠方の役所から戸籍等取寄せのためのレターパック代/1通370円
郵便小為替/1枚につき200円
遺産分割協議書作成 遺産分割協議書を作成します。 11,000円 ※財産目録の作成も別途承ります
(11,000円〜)
相続関係説明図作成 親族関係を示す「相続関係説明図」を作成します。 11,000円 (「相続人調査・戸籍収集サポート」をお申し込みの場合、報酬はいただきません)
戸籍変遷一覧表作成 被相続人等が生まれてからお亡くなりになるまでの戸籍を一覧にまとめたものです。 11,000円
相続人一覧表作成 戸籍を集めた後、相続人の一覧表を作成致します。それぞれの相続人の法定相続持分も記載致しますので、遺産分割協議の際にご活用いただけます。 11,000円
法定相続情報証明制度の申出 登記所に「法定相続情報証明制度」の申出を行います。 11,000円

※料金表は横スクロールします。

遺言

行政書士法1条の2第一項の「権利義務の又は事実証明に関する書類を作成することを業とする」および同法1条の3第1項第4号に基づき、弊所では遺言に関して次の業務を行なっています。

① 相談

② 遺言書の文案の作成

また、付随する業務として、相続関係説明の作成・財産目録の作成・相続関係説明図および財産目録の作成に必要な戸籍謄本、不動産の履歴事項全部証明書等の請求と受領も行なっています。

弊所でお手伝いできるのは「自筆証書遺言」「公正証書遺言」のふたつです。

業務の内容 報酬額 実費・備考
自筆証書遺言作成サポート 自筆証書遺言を法的に有効なものとするためのアドバイスを始め、自筆証書遺言作成をサポートします。 22,000円 電話やzoom等で打ち合わせします。
公正証書遺言作成サポート 公正証書遺言作成の準備から文案の作成、証人1名、公証人との打ち合わせ、公証役場への同行がセットになっています(証人を1名追加する場合は別途11,000円がかかります) 44,000円 札幌市内の公証役場の同行交通費や日当も含まれています。

別途、公証役場に支払う作成手数料が必要となります。詳細はこちらをご確認ください。

相続関係説明図作成 推定相続人を確定するため「相続関係説明図」を作成します。 11,000円 公正証書遺言作成サポートにオプションとして付ける場合は5,500円となります。
財産目録作成 遺言に含める財産を事前に調査し、目録を作成し一覧にします。 11,000円

※料金表は横スクロールします。